新体操の手具操作の基本は早い年齢から。新チャレンジコースへ~わ~ちゃんの新体操ブログ⑤~

前回のブログで【ハーモニー新体操クラブ】へ移籍したという話をさせていただきました。

⇨⇨ハーモニー新体操クラブへ!新しい新体操教室へ~わ~ちゃんの新体操ブログ④~

前回では、わ~ちゃんの教室選びについて書かせていただきました😊今回はその続きともいえるかもしれません❗わ~ちゃんの新しいクラブ【ハーモニー新体操クラブ】について書いていきたいと思います☝🏻 ⇨⇨⇨子供の新体操教室の選び[…]

新体操ハーモニー

 

ハーモニー新体操クラブ【幼児コース】のレッスンは、基本的に見学することができません。

 

プロフ 悲しい
はな
わ~ちゃんに練習内容を確認することしかできませんでした

 

娘にハーモニー新体操の練習内容を聞いてみたら、体験レッスンで見たようなレッスンを毎週楽しくやっているようでした♪

 

そして、聞いていてびっくりしたことは、

  1. ボールロープフープ3つの手具操作の練習
  2. 毎週違うメニューのレッスンをしている

を週ごとにいろいろ練習しているとのことでした!!

 

手具操作でも、幼児コースにもかかわらず練習している理由も納得するもので、

手具は早いうちからやったほうが良い

 

なので、ハーモニー新体操クラブは幼児コース一般コースでも手具操作の基礎の練習をしてくれます。

 

 

レッスンで、できなかったことを家で練習して、翌週レッスンに行くと また別の課題が見つかる

ということの繰り返しでした

同じことを繰り返し繰り返し練習し、できるようになったら次 という練習方法しかしてこなかった私には驚きと感心しかありませんでした。

 

そして、植江田オルガ先生がよくおっしゃっていることが、『やりすぎはよくない』です。

 

これでもか というぐらいできるまで何回でもやれーという感じで練習させられていた私の子供時代を思い返すと…

同じことを何度もする ということは、身体の同じ部分に負担が掛かっているということです

なので、当然 疲労が同じところに蓄積されていくのです

何回も同じことを連続で繰り返せば、できるようになる前に疲労の蓄積により、できなくなっていくのです

そして、当然のように故障の原因となってしまうのです

 

 

スポンサーリンク

新体操の手具操作の基本は早い年齢から

新体操の手具は早い年齢から

 

 

 

 

 

新体操は違う練習を行おう

新体操の故障

 

物でもそうですよね 同じところを叩き続ければ必ず壊れます…

そんな当たり前のことにも気づかずに…私自身、幼少期からのそのような練習の繰り返しで、整体通い&テーピングぐるぐる巻きが当たり前

(正直、それぐらいしてやっと一人前 ぐらいなところもありました)

になってしまうほど故障の絶えない子ども時代だったと思います

故障したら整体や整形外科へ行って治すなり、痛み止めでも飲めばいいというような考え方でした…

別の新体操クラブでは、実際そのような考えで指導されているクラブもあるのではないか と思います

 

ハーモニー新体操クラブでのレッスン内容が、毎週違うことへの理由は他にもたくさんあるかと思いますが、

子どもたちが故障しないようなレッスン 

子どもたちのことを大事にし、本当によく考えてくれている なんて素晴らしいんだろう と思いました

(痛みをこらえて練習に明け暮れていた子供時代の自分に教えてあげたいです泣)

 

いろんなことに感動しながら、毎週毎週レッスンに通っているうちに…

 

ハーモニー新体操クラブに移って1年が経っていました

 

それぞれ一緒に幼児コースに通っていた子たちが、新しいコースへの進級などのお話を、先生からされているのがチラチラ聞こえてきていました。

新体操教室の進級

      ↗小学生一般コース

幼児コース

      ↘チャレンジコース→選手コース

へと進級があるハーモニー新体操クラブなのですが…

前回のブログでも少しお話ししましたが、一般コースではなくチャレンジコースへと進級するためには、植江田オルガ先生に認められなければ進級することができません

わ~ちゃん(当時:年中さん)には、進級の話はなく、そのまま幼児コースをもう1年 と思っていたところでした

 

未だに全国で猛威を振るっている【新型コロナウイルス】が流行りだし、休校宣言が発令されました

もちろん 毎週わ~ちゃんがとっても楽しみにしているハーモニー新体操クラブもしばらくレッスンがお休みになってしまいました

幼稚園もなく…とにかく家でいろんな事して…幸い3兄弟で庭やら2階やらで大暴れして楽しく過ごすことが、できていました

長男は参考書でお勉強をがんばり、わ~ちゃんは、なんとなく思い出しながら新体操の練習をしていたものの…自主練にも限界があり、時間を持て余していたころ

うれしいご連絡が

 

ハーモニー新体操クラブ、リモートレッスンが開催されることになったのです

 

新体操リモートレッスン

 

リモートレッスンの面白かったところは、一般コースのレッスンを希望した子たちが集まってレッスンするところです

普段のレッスンなら、毎週決まったメンバーでレッスンを受けているので…当然レッスン内容は幼児に向けたものです

ですが、リモートレッスンではわ~ちゃんのような幼児から小学生高学年まで幅広い学年の子たちと一緒にレッスンできたところです

普段のレッスンは、ほとんど見学できなかったので、わかりませんが…

明らかに、普段のレッスンよりレベルの高い内容だと思いました

やる回数などで、学年で細かく分けてレッスンを行ってくれてはいましたが、なかなかうまくできない

わ~ちゃんは大苦戦でした

普段ポヤンとした印象が強く、おとなしく見えるわ~ちゃん

あまり表には出しませんが、実はものすご~く負けず嫌いで、わ~ちゃんはできない自分が悔しくて悔しくて大泣き状態になってしまいました

(自宅でのレッスンだったので悔しさを抑えられなかったようです)

そんなとき、みんながリモートから去ったあと、植江田オルガ先生は、わ~ちゃんにやさしく声を掛けてくれました

実は、リモートレッスンに参加してるメンバーは、ほとんどが小学生で幼児はわ~ちゃんとあと1人ぐらいしかしないこと

そんな中で、よく頑張っていた と…

(お~ わ~ちゃんすごいじゃん)

ところが…負けず嫌いなわ~ちゃんには、学年の違いなんて関係ないようで、とにかくできなった自分が悔しくて…植江田オルガ先生のせっかくの優しい言葉もいっさい届かず

さらに大泣き

そんなわ~ちゃんの新体操への熱が伝わったのか 

な、な…なんと 植江田オルガ先生からチャレンジコースへのお誘いが

(ええーーーーこんな泣きじゃくってるわ~ちゃんでいいのか)

本来なら小学生からチャレンジコースに上がるのだということも含め、わ~ちゃんの体力面や睡眠時間など本当にいろいろ気遣っていき、話し合いの結果…リモートレッスン明けの練習から、チャレンジコースに入るための新チャレンジコースへ進級することが決定しました

わ~ちゃんが、まだ小さいことや他はみんな小学生以上であること…いろいろ考えてくださる植江田オルガ先生の優しさに、安心感しかありませんでした

そして、親バカなだけでなく、チャレンジコースへの進級のお誘いをしていただけたことに、ただただ舞い上がる はななのでしたw

こうして、わ~ちゃんの新チャレンジコースへの挑戦が始まりました

続きは、また次回のブログでお話していきたいと思います

スポンサーリンク
新体操の手具操作は早いうちから
最新情報をチェックしよう!
>youtubeで娘の新体操動画を配信してます。

youtubeで娘の新体操動画を配信してます。

日々の練習風景や発表会の様子などご覧になれます。同じような年齢のお子さんの参考になれば幸いです。是非【チャンネル登録】お願いします(^^♪